僕の友人に、隣の市で政党支部役員を務め市民

Writer: admin Type: 詳細分かる方教 Date: 2018-12-11 00:00
僕の友人に、隣の市で政党支部役員を務め市民活動にも参画してるCくんがおり、Cくんの市民活動と政治活動の仲間で、障害を抱え生活保護受給のBくん(同市居住)、そして、その市の市役所に勤務するAくん(国立大→大学院卒)とも知り合いました。友人Cくんが役員の政党支部は、この辺りの市役所や町役場の職員組合の支援を受けており、Cくんのお母さんはその党所属の市議です。ちなみに、この辺りの労組の地域協議会の議長は、長年、市職労の執行委員長が務めてます。Aくんは「市役所は、残業も休日出勤もなく、楽で給料がいい」と言い、Cくんの面前で「低学歴か三流大卒で、まともに試験も受けずに入職したくせに、(自分みたいな)高学歴の若者に対して、ああじゃないこうじゃないという、労組に加わってる中高年の職員がどんどん定年になっていなくなり、仕事がやり易くますます楽になってる」とも言いました。Cくんは僕にだけ「市役所のいい待遇は、Aくんがバカにするような先人たちの努力があってこそだ」と言いました。AくんとCくん、どっちの感覚が正しいですか?共感した0###C君の方がまともかなと思います。A君は、そもそも公務員がどういうものか自覚していないという事。こんな考えの人が公務員にはいて欲しくないと思います。楽で給与がよくて安定しているからなんて思想での就職でしょう。楽されたら困ります。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

 

TAG